鍼に電気を流す治療

首のヘルニアや頚椎症では手に痺れが出ることがあります。
ヘルニアが神経に触れていたり、加齢などで脊柱管や椎間孔が狭くなり神経に影響が出ると神経痛、痺れが症状として現れるのです。
鍼に電気(低周波治療器)を流す治療がおすすめです。
重篤な症状だと判断した場合は病院への受診をご案内することもあります。